2019年春節祝賀会開かる!

中華人民共和国建国70周年記念 2019春節祝賀会は正午から「北園」において来賓や会員・水産研修生など35名が参加し開かれました。冒頭挨拶に立った白井会長は「平成の30年を見た時中国の経済発展と比べ日本は低迷した30年だった。中国抜きに日本の経済発展はあり得ない。地域から様々な情報を発信し訪れる人を増やしていかなければならないし、石巻の物産も宣伝していかなければならない。3月3日から中国語講座を行うが、少しでも中国語に馴染んでもらい中国へ旅行しましょう。」と挨拶を述べた。

挨拶する白井会長
挨拶する白井会長

ご来賓の方々からご祝辞と激励を受けました。

来賓の初めに石巻市亀山市長からは今年温州市との友好姉妹都市締結35周年になる。交流を展開していくことになります。石巻市としては引き続き人種・国籍・文化を超え友好を促進していくこととしており、日中友好協会のご協力をお願いしたいと挨拶があった。

祝辞を述べる石巻市亀山市長
祝辞を述べる石巻市亀山市長

中国駐新潟総領事館からは韓 軼領事と趙 令君領事アタッシェの2名が新潟から参加してくれました。代表して韓領事から祝辞を頂きました。韓領事は孫 大剛総領事のメッセージを代読しました。この中で中日友好運動を展開している貴協会に敬意を表するとともに、正常に戻りつつある日中関係を踏まえ青少年交流など進めていくとの挨拶が述べられました。

祝辞を述べる韓領事
祝辞を述べる韓領事

石巻専修大学から尾池 守学長も参加して頂き挨拶をお受けしました。石巻専修大は今年開学30周年を迎えることが出来た。姉妹校である温州大学に短期留学した学生が1月帰ってきた報告を聞いて大変勉強になったこととのことでした。この4月自費留学で中国から2名来るとの挨拶がありました。

祝辞を述べる石巻専修大学尾池学長。
祝辞を述べる石巻専修大学尾池学長。

来賓の終わりに宮城県日中友好協会柿崎副会長からご祝辞を頂戴しました。柿崎副会長はこの中で今年6月8日開催予定の「第1回日中友好交流講演会」について日中外交の黒衣60年を執筆した南村志朗さんをお呼びし行うことが話されました。詳細が決まり次第お知らせします。

挨拶する柿崎副会長。
挨拶する柿崎副会長。

和やかななかに踊りあり歌ありの交流でした。

門脇副理事長の音頭で乾杯を行い祝宴・交流に入りました。交流の中では毎年参加して頂いている米谷かつ子さんから今年も日本舞踊も披露して頂きました。水産研修生の皆さんはスマホで動画撮影をしていました。参加した水産研修生の方々を引率してきた課長から紹介をして頂いた。協会役員の荒さんに引っ張り出され中国のカラオケまで歌ってもらいました。自己紹介の中ではそれぞれ自分と中国の関りなどについて話して頂きました。途中お楽しみビンゴゲームなど行いました。その中で鹿島台からお見えになった阿部さんから研修生へのプレゼントもありました。木村理事長の閉会の挨拶に続き畑山監事の一本絞めで祝賀会を終えました。

また来年も多くの人に参加して頂きたいものです。

門脇副理事長の音頭で乾杯。
門脇副理事長の音頭で乾杯。
米谷さんの日本舞踊。
米谷さんの日本舞踊。
韓領事・趙領事アタッシェと水産研修生。
韓領事・趙領事アタッシェと水産研修生。
参加者の皆さん。
参加者の皆さん。