日中平和条約締結40周年記念           2018年春節祝賀会開催要領

1、開催の目的 中国のお正月である「春節」を記念し、会員相互の親睦を図ると共に、石巻地区在住の中国の方々との交流を深めるため。

2、参加者の範囲 会員とその家族及び当協会入会希望者並びに石巻地区在住の中国人(その家族も)の方々。また国際交流に興味のある方も結構です。

3、開催日時 2018年2月25日(日)正午~午後3時

       (ちなみに中国での春節は2月16日)

4、場所 中国海鮮料理「北園」石巻市山下町1‐19‐7

               ☎ 0225‐95‐8521

5、参加費 6,000円但し中国人の方は3,000円

6、申し込み締切 2月19日(月)まで事務局あて電話・fax・メールなどで申し込んで下さい。7、その他 

  ①当日お楽しみビンゴゲーム大会を開催しますので、参加される方  は500円程度の景品をお持ち下さい。

  ②その他お飲み物などの持ち込みを歓迎いたしております。

8、事務局

  住所 981-0504 東松島市小松字上砂利田127の1

           石巻地区日中友好協会事務局 松浦正義

  ☎・fax 0225-82-2959 携帯電話 090-2361-3470

  Eメール matsurasuimasa@wind.ocn.ne.jp

  

2017年春節祝賀会行いました。

2017年「春節祝賀会」を2月19日(日)「北園」にて日中国交正常化45周年記念と合わせ、来賓や会員・中国からの研修生など38名が参加し、開かれました。

始めにあいさつに立った白井会長は厳しい日中関係ではあるが、民間レベル、地域からの友好運動を通し進めて行こうと話、中国から日本にやって来る人は600万人になっている。逆に日本から中国への旅行者は250万人に減っている現状を踏まえお互い交流した人たちのそれぞれの地域での話が交流人口を増やしていくこととなる。来年は日中平和条約締結40周年を迎える。日中友好協会では青少年の交流などをはじめ様々な運動を展開していきます。地区にあってもこのような運動を支えながらこの1年頑張っていきましょうとあいさつをした。

あいさつする白井会長
あいさつする白井会長

ご来賓の方々からご祝辞を頂きました。

来賓のごあいさつの始めに石巻市を代表し亀山市長の代理として五十嵐秀彦復興政策部地域振興課長より賜りました。石巻市における国際交流の発展に尽力されていることに感謝を述べ石巻市としてもあらゆる国の人々と交流を図っていくことなど話されました。

祝辞を述べる石巻市松浦地域振興課長。
祝辞を述べる石巻市松浦地域振興課長。

中国駐新潟総領事館からは蒋 春雷領事と王 煥領事のお二人が参加され、代表として蒋領事からご祝辞を頂きました。蒋領事は6年前札幌総領事館に所属していて、3.11大震災当時岩手県によく足を運ばれたとのことで、石巻も同じような状況と聞いていると話され、初めて石巻に来て復興が進んでいることに敬意を表された。新潟でも春節週間として開催し多くの市民に足を運んでもらったとし、民間レベルでの交流を進めていただきたいとのお話しでした。

あいさつする駐新潟総領事館の蒋領事。白井会長の向って右の方が王領事。
あいさつする駐新潟総領事館の蒋領事。白井会長の向って右の方が王領事。

宮城県日中友好協会江幡会長からは、春節の期間中知り合いの中国の方が来仙した際、「猫の島」に行きたいとのことで、田代島を訪れたエピソードを紹介。中国ではSNS上で猫の島のことを多くの人が知っていて行きたがっている人が多いとのこと。参加していた石巻市の松浦課長自分の担当部署だけにこれからの外国人相手の観光誘致に情報発信していく参考になったのでは。中国から来た人がビックリしていたのは、人口50人の島に200匹の猫だけでなく、猫がNPOの人たちのてによって綺麗な猫になっていることのほか、空気がきれい、人が親切、10人に満たない観光客のために温かいうどんなどを提供してくれるなど損得抜きのお迎えをしくれたことなどだそうです。石巻に住んでいても分らない話でした。

猫の島の話をする県日中江幡会長。
猫の島の話をする県日中江幡会長。

あいさつはありませんでしたが、来賓として当会顧問の安住衆議院議員内海徳治秘書の紹介と、顧問の木伏前会長、高橋礎英さんが参加しました。

和やかな中での交流

交流は門脇副理事長の乾杯と春節を祝うクラッカーではじまりました。今回事務局が企画したおみくじでスタート。大吉を引き当てた方々には豪華景品が?贈られました。宴が進むと水産研修生が自発的にカラオケに、中国語・日本語交じり合っての歌でした。それにしても中国語で歌うカラオケは難しい。以前中国語講座で「夜来香」に挑戦したことがあったが覚えられなかった。その後はお楽しみビンゴゲーム全員に当たるようにはなっているが、なかなかビンゴしない方もあって今年の運を気にしてしまう。木村理事長が閉会のあいさつを行いおひらきとなった。また来年も多くの人が参加されるようお願いします。

会場の模様。
会場の模様。
熱唱する水産研修生のお一人。
熱唱する水産研修生のお一人。
水産研修生との記念写真。
水産研修生との記念写真。