ようこそ石巻地区日中友好協会へ!

2019春節祝賀会が地元紙に掲載されました

2019春節祝賀会の模様が2月19日付けで「石巻かほく」と「石巻日日新聞」両紙に掲載されました。

2月19日付け「石巻かほく」紙
2月19日付け「石巻かほく」紙
2月19日付け「石巻日日新聞」紙
2月19日付け「石巻日日新聞」紙

中華人民共和国建国70周年記念

2019「春節祝賀会」開く

2019「春節祝賀会」は2月17日北園において会員や来賓、水産研修生など35名が参加し友好と交流を深めた。今年は中華人民共和国建国70周年の他石巻市と中国温州市との友好姉妹都市締結35周年の記念すべき年になります。民間レベルでの友好を進めるため活動していくことを誓い合った祝賀会となりました。詳しくは春節祝賀会をご覧ください。

挨拶する白井会長
挨拶する白井会長
会場風景。
会場風景。
参加者の皆様
参加者の皆様

韓領事、趙領事アタッシェ女川・石巻を見学

韓領事と趙令君領事アタッシェは石巻地区日中友好協会「2019春節祝賀会」に参加するため前日石巻入りし、17日午前中松浦事務局長の案内で女川や石巻を見て回りました。女川では研修生を命がけで守った「佐藤水産」も訪れました。

佐藤水産前で。
佐藤水産前で。
女川駅前。
女川駅前。
石巻日和山公園。
石巻日和山公園。

第8回中国語講座を開講します

第8回中国語講座を3月3日から10回に渡り講座を開きます。中国語を覚えたい方や興味のある方は是非ご参加をお待ちしています。講師は以前に講師をして頂いた「韓 劉培霞」さんで現在中国料理店「雲雀」を経営しています。詳しくは中国語講座をお開き下さい。

黄河43号発行しました。

石巻地区日中友好協会の機関紙「黄河」43号が発行されました。内容はこの一年間の活動内容や2月17日行われる春節祝賀会のご案内などです。A4版8ページでご希望の方には無料でお送りしますので事務局までご連絡ください。

 

料理教室開催が地元紙に掲載されました。

12月30日付石巻かほくに料理教室の記事が掲載されました。

2018料理教室行いました

2018年度日中料理教室が12月22日石巻市総合福祉会館「みなと荘」において来賓や会員など20名が参加し行われました。講師に千葉静さんを迎え①えのきの坦々スープ②白菜とツナの炒め物③わかめ入り焼きシュウマイ④あんこ餅の4品を作りました。会食では白井会長のあいさつと来賓として中国駐新潟総領事館から韓軼領事と趙令君領事アタッシュに駆け付けて頂きごあいさつを頂きました。石巻市からは内海伸浩さんに来て頂きごあいさつを受けました。この日の参加は例年と比べ少ない人数でしたが、新たに入会希望のお二人が参加し盛り上がりました。

詳しくは日中料理教室にリンクしてください。

料理の仕方を手ほどきする講師の千葉静さん。
料理の仕方を手ほどきする講師の千葉静さん。
調理風景
調理風景
参加者の皆様
参加者の皆様

宮城県民の翼パンダ誘致キャンペーン

12月15日宮城県日中友好協会の第2回理事会が開かれ、この間の活動の報告と今後の活動について確認しました。この中で仙台市八木山動物公園へのパンダ誘致の一環として四川省成都への観光が報告されました。

宮城県民の翼として「四川省成都(蜀の国)世界遺産とパンダ繁殖基地観光 5日間」として取り組まれることとなりました。申し込み締め切りなどまだですが、参加希望や興味のある方はお問い合わせください。

2018宮城県日中友好協会総会開く!

新会長に佐々木謙さん選出。       江幡前会長は名誉会長に!

2018年度宮城県日中友好協会定期総会が8月11日仙台市民活動サポートセンターで行われた。石巻からは白井会長、木村理事長、松浦事務局長の3名が参加した。総会では新たに仙台市日中友好協会の佐々木謙会長を県会長に選出し、江幡武前会長は名誉会長に就いた。

冒頭挨拶に立った江幡会長は16年間の会長としての活動について感想を述べた。特に15年に及ぶ中国吉林省での緑化事業に強く思いを込めた。 

16年に及ぶ会長としての思いを述べる江幡会長。
16年に及ぶ会長としての思いを述べる江幡会長。

来賓あいさつの初めに駐新潟総領事館を代表して劉副総領事が日中平和条約締結40周年の節目を迎えて挨拶というよりは講演に近い話でした。中日関係は正常な関係に戻りつつあるとし新たなチャンスが生まれるだろう。中日友好の礎は民間交流にある。チャンスを生かしあらゆる分野で交流を進めよう。中国からの訪日は735万人。日本から訪中したのは236万人で多くは民間企業だ。一般の人々の中国訪問を進めていかなければならない。宮城県日中友好協会のこれまでのご尽力に感謝するとともに今後とも民間レベルでの交流促進を進めて頂きたいとあいさつを締めました。

日中平和条約締結40周年の節目について挨拶する駐新潟総領事館副総領事。
日中平和条約締結40周年の節目について挨拶する駐新潟総領事館副総領事。

中国学友会からもあいさつを頂きました。常日頃日中友好協会には大変お世話になっていますとのあいさつでした。

仙台中国学友会代表のあいさつ。
仙台中国学友会代表のあいさつ。

協会顧問の富谷市若生裕俊市長も激励のあいさつを行った。若生市長が最初に国際交流を知るきっかけとなったのが、中国訪問だったとのこと。富谷市での富谷日中友好協会の活動に感謝していることも話しました。

激励のあいさつをする若生富谷市長。
激励のあいさつをする若生富谷市長。

総会では針生副理事長を議長に進められ、原案通り承認された。今後理事会などで具体化していく課題もあり異議なしで通った。役員改選では新会長に佐々木謙副会長を選出した。江幡前会長は名誉会長に就任した。理事会体制の強化を図ることも含めて副理事長や理事を補強した。

総会終了後は「長城」において交流会が催された。駐新潟総領事館や学友会のメンバーなど多くの人が参加し、今後の日中友好運動の前進に向けて語り合った。

総会参加者の集合写真。県日中友好協会では初めてのこと。
総会参加者の集合写真。県日中友好協会では初めてのこと。

総会開会前に15年に及ぶ中国吉林省での緑化事業(植林)の模様を記録したDVDが上映されました。宮城県日中友好協会で作成したもので、希望する方があれば郵送代程度で送るとのことですので、宮城県日中友好協会までご連絡ください。

6月6日付け「石巻日日新聞」 6月7日付け「石巻かほく」に定期総会の記事が載りました。

6月6日付け「石巻日日新聞」
6月6日付け「石巻日日新聞」
6月7日付け「石巻かほく」
6月7日付け「石巻かほく」

日中平和条約締結40周年記念

2018年度定期総会開く‼

 2018年度石巻地区日中友好協会定期総会は6月3日午後4時から会員や来賓など27名が参加し開かれ、原案通り決定された。総会終了後は石巻専修大学尾池守学長の記念講演。懇親会を開催し、これからのこの地域における日中友好促進と国際交流の前進に向けて行くことを確認した。

 はじめに挨拶に立った白井会長は「平和条約40周年の冠がついている節目の年だ。中国も改革開放政策から40周年。飛躍的発展を遂げてきた。GDPも世界第2位までなった。日本経済も中国抜きに成り立たなくなっている。より一層の連携が求められている。震災以降中国からの留学生や水産研修生が減ってきているが、活動のすそ野を広げていかなければならない。」と述べた。

 来賓として最初に石巻市亀山紘市長からご祝辞を頂いた。亀山市長は「石巻市の国際交流事業に多大なご尽力を頂いている。中国から来た人々との交流を図っていることなど感謝申し上げたい。6月24日行われる第4回復興マラソン大会に温州市より2名の選手と14名の市民訪問団が来る予定になっている。」と挨拶があった。

 中国駐新潟総領事館から蒋春雷領事と劉南星領事アタッシュのお二人が新潟から駆け付け、代表して蒋領事からご祝辞を頂戴した。蒋領事は「様々なイベントにに参加・協力を頂いている。地域で相互理解、友好促進に努力していることに感謝している。中日関係は李首相の訪日もあり改善してきている。40周年の節目に高校生の訪中団などあり推薦をお願いしたい。中日民間事業の発展のため尽力していきたい。」と挨拶があった。

 石巻専修大学尾池守学長からは「石巻専修大学も設立30周年を迎えた。今年から来年にむけ様々な行事を予定している。」とこの後の講演もあり簡単な挨拶があった。

総会は原案通り決定されました。

 総会は議長に木村祐一理事を選出し、事業報告と事業計画(案)を松浦事務局長が報告・提案。会計報告と予算案を秋月理事が報告提案。会計監査報告を畑山監事が報告し異議なしで原案通り決定された。役員については木村理事長から提案。役員会体制強化のために新たに荒健夫さんを補充することについて承認された。

石巻専修大学と温州大学の国際交流について

 記念講演は石巻専修大学尾池守学長から「石巻専修大学と中国・温州大学との国際交流について」と題し講演をうけた。石巻専修大学と温州大学との関係は1994年に温州人民政府代表団が大学を訪問したところからスタートし、その後石巻市の温州訪問団に一員として何回か参加。2003年に当会顧問の木伏さんが温州大学を表敬訪問したのが温州大学との関係が始まった。2004年の友好姉妹都市締結20周年記念事業のなかで、温州大学との大学間交流協議が具体化し、2007年の石巻専修大学創立20周年記念事業のなかで協定が行われた。以来短期研修や交換留学生など交流を重ねてきた。2017年には再度協定を締結し今日に至っている。現在は石巻専修大学から1名交換留学生として温州大学にいって勉強しているとのこと。近況なども送られてきて中国語の文章でも書かれているとのこと。詳しくは石巻専修大学のホームページでご覧ください。

 その後昨年9月尾池学長が学会の用で北京を訪問した際の報告がありました。

 その後石巻市地域協働課作成の石巻市と温州市との34年の交流スライドの上映を行いました。来年は友好姉妹都市締結35周年を迎えるとのことです。

 懇親会では門脇副理事長の乾杯で始まりました。懇親会の中では、白井会長が数字で見る中国の現状などを紹介。改めて今日の中国の経済力について理解を深めることが出来ました。色んな方々と話し合いが出来た交流でした。最後に菅原副会長の閉会の挨拶で総会からの日程を無事終了しました。